お問い合わせ
DFC 7000 GTによる画像取得
K5による画像取得

イメージングの柔軟性

最適なイメージング条件を達成するために、以下のようにサンプルのニーズに合わせてK5カメラのパラメータを柔軟に調整できます。

  • 最速40fpsで追随するダイナミックな細胞活動の画像化
  • 4.2MPの高解像度画像による微細構造の解像
  • 80%の高量子効率で低露光時間、低光毒性。

 
 

比較スライダ:

多くの一般的なCCDカメラは、QEが比較的低くノイズが高いため、S / N比が低下し、関心のある構造の画像化が難しくなります。

核(DAPI-青)/ アクチン(Alexa488-緑)/ ミトコンドリア(MitoRed-赤)/ WGA (Alexa647-マゼンタ)のこの画像は、K5のsCMOS 技術が従来のCCDカメラを超えた証となります。

リアルタイムイベントの効率的な分割

最速40 fpsの観察で、タイムラプスイメージングのスループットの向上により、生物学的に関連する情報をよりいっそう取得できます。

 
 

ビデオ: 

生細胞の細胞運動性とタンパク質動態のイメージングには、高いQEと高速フレームレートが必要です。 K5の機能が、K5を生細胞のルーチンイメージングに最適なカメラにします。

ここでは、LifeAct-TagGFP2を発現するU2OS細胞を、500ミリ秒ごとに150ミリ秒の露光時間で、5分間画像取得しました。 サンプル提供:ibidi GmbH(グレーフェルフィング、ドイツ)。 

K5とWideField
K5を搭載したTHUNDER 3Dアッセイ

シグナル/バックグラウンド比の向上による画像の改善

K5の柔軟性とComputational Clealingの力を組み合わせます。

蛍光ボケを取り除く K5とTHUNDER Imagerのワークフローに基づき従来のWideField像から蛍光ボケを正確に除去します。

 
 

比較スライダ:

K5とTHUNDER 3Dアッセイの組み合わせにより、発生段階のゼブラフィッシュ膵臓内に局在するアルファ細胞(GFP-緑)およびベータ細胞(mCardinal-赤)を明確に識別できます。 Hoechst(青)/ GFP(緑)/ mCardinal(赤)の3チャンネル、zスタック150枚の画像取得が、わずか1分で完了します。

画像提供:Radhan Ramadass博士、Yu Hsuan博士(マックスプランク心肺研究所、バートナムハイム、ドイツ)。