K5 デジタルカメラ 製品紹介 Home Leica Leica Microsystems

ルーチン蛍光イメージング用

顕微鏡用 sCMOSカメラ K5

  • がん研究

    がんは、成長調節における欠損細胞によって引き起こされる複雑な異質性疾患です。 細胞または細胞群内の遺伝的および後成的変化が通常の機能を妨げ、自律的、非制御の細胞成長と増殖を引き起こします。
    Read article
  • [Translate to japanese:] Leica Cell Biology

    細胞生物学

    ヒトの健康と病気を細胞ベースで理解することを目的として研究を行う場合、関心のある細胞の構造および分子の詳細から対象の細胞を研究することが重要です。 その結果、細胞生物学における顕微鏡はかってないほどに重要なツールとなり、構造環境内で試料を詳細に調査したり、細胞内小器官や高分子を分析したりすることができます。 細胞生物学イメージングは、さまざまな光電子相関顕微鏡を使用して行われます。…
    Read article
  • [Translate to japanese:]

    生細胞イメージング

    視点を単体の顕微鏡コンポーネントから必要なすべての機能を備えた生細胞イメージングソリューションへと移し、ライカ マイクロシステムズは顕微鏡、LAS X イメージングソフトウェア、カメラおよび専用サードパーティコンポーネントを 1 つの完全な生細胞イメージングシステムに統合します。
    Read article
  • オルガノイドと3D細胞培養

    ライフサイエンス研究で近年最も目覚ましい発展の一つは、オルガノイド、スフェロイド、生体機能チップモデルなどの3D細胞培養システムの開発です。 3D細胞培養は、細胞が成長し、全3次元で周囲と相互作用できる人工環境です。 これらの条件は、生体内条件に似ています。
    Read article
  • ライカのフォトマニプレーション

    光子操作

    光子操作という用語は、事象を引き起こし、長時間にわたり生細胞におけるダイナミックで複雑な挙動を観察するため蛍光分子の性質を利用するための広範な技術を指すものです。ブリーチングであろうと活性化であろうと、変換、アブレーションあるいは結合技術であろうと、研究者は高解像度で事象を実現させ観察するに充分なシステムを必要とします。
    Read article
  • ウイルス学

    ウイルス研究のためのイメージングと試料作製ソリューション
    Read article
  • [Translate to japanese:]

    ゼブラフィッシュを用いた研究

    スクリーニング、ソーティング、マニピュレーションおよびイメージングを通じて最良の結果を得るためには、細部や構造を観察して、研究の次の段階に向けて正しい判断を下す必要があります。 優れた光学系と高解像度で定評のあるライカの実体顕微鏡と透過照明スタンドは、世界中の研究者から支持されています。
    Read article
  • 病理研究向けソリューション

    病理学の試料分析では、長時間にわたり顕微鏡を使用する必要があります。 顕微鏡の利用者にストレスや身体的な負担をかけ、効率性の低下につながる恐れがあります。 ライカの顕微鏡は快適な姿勢を保ち、負担を軽減するソリューションを提供します 病理診断の効率性向上に貢献します
    Read article