簡単な操作性

DVM6一台で分析を効率化する機能が充実しており、不良解析やR&Dの外観検査で活躍

さまざまなサンプルをシームレスに観察

マクロからミクロまで簡単&スピーディに 16:1の広いズーム範囲と3本の対物レンズラインナップで、広い視野から、微細構造まで捉えることができます。 最大解像度0.4マイクロメートルで、細部まで表示可能です。

低倍、中倍、高倍の対物レンズで幅広いサンプルを観察できます。

ニーズに最適な対物レンズが見つかります

低倍対物レンズ: 広視野をすばやく確認できます。 最大視野数 (FOV) 43.75 mm、最大作動距離60 mm、最大倍率190倍です。

中倍対物レンズ: ルーチン検査に最適な、汎用性の高いレンズです 最大視野数 12.55 mm、最大作動距離33 mm、倍率範囲46倍~675倍

高倍対物レンズ: 最小425 nmまで細部を見ることができます。 最大 視野数3.60 mm、最大倍率2,350倍

各種サンプルに合わせてカスタマイズ可能

用途と予算に最適なソリューションが見つかります。 DVM6ではさまざまな構成をご用意しています。

豊富なDVM6構成

DVM6 Mは高い、大きいサンプルでも切断不要で、そのまま観察することができます。

DVM6 Mは、実績あるライカの実体顕微鏡アクセサリと組み合わせて 大きいサンプルや高さのあるサンプル(最大340 mm)のイメージングが可能です。

DVM6、低倍対物レンズ、420 mmカラム、XLユニバーサルベースプレート。

隠れた細部を明らかに

サンプルはそのまま、さまざまな角度から表示

サンプルを置いたまま、片手で-60°~ +60°のさまざまな角度からサンプルを観察でき、 見つけにくい細部まで捉えることが可能です。

70 mm x 50 mmステージの回転・移動と組み合わせて、あらゆる角度からサンプルを観察できます。

サンプルの構造をより詳細に

各種照明とコントラスト用オプションを組み合わせて、画像解析に頼らず、様々な観察方法を可能にします

  • リングライト照明(RL)の分割照明を活用することで、サンプル表面の質感を鮮明に捉える。
  • 同軸照明(CXI)でフラットで反射性の高いサンプルを視覚化。
  • 透過光照明(BLI)で、ホールや透明なサンプルも観察
  • 拡散板アダプタで、金属面等の反射性サンプルのぎらつきを軽減。
  • 偏光アダプタで、画像処理を使わず、異物や傷を簡単に検出
1: 低倍対物レンズ、10倍で画像取得。 BLIなし/BLIあり
2: 中倍対物レンズ、ズーム比1倍で画像取得。 リングライト照明/拡散板アダプタ/偏光アダプタ

誰でも高画質な画像が取得

優れた作業利便性により、集中力を持続できます。

シャープな画像取得を簡単に

誰でも高画質な画像を簡単に作成できます。

DVM6のオートフォーカス機能で瞬時にサンプルの観察をスタートできます。 サンプルをナビゲートする間も、連続オートフォーカスでフォーカス位置がずれません。 凹凸のあるサンプルに便利です。

倍率変更時、対物レンズを交換して倍率を簡単に変えることができます。 レンズ交換したとき、再度フォーカス調整は不要で、フォーカス位置が合います。

サンプルをナビゲートする間も、連続オートフォーカスでフォーカス位置がずれません。

顕微鏡操作は片手で

対物レンズの交換: スライド式で差し込むだけ

対物レンズの交換も片手ででき、作業を中断しません。

傾斜もらくらく

観察しながら、サンプルはそのまま傾斜できます 顕微鏡スタンドを片手で、座ったまま楽に傾斜できます 傾斜したときに、焦点がずれることはありません。

顕微鏡スタンドを片手で、座ったまま楽に傾斜できます

作業の効率を上げる

再現可能なイメージング条件で、結果の信頼性が向上します。

全ての顕微鏡条件が画像データと自動に保存され、記憶されるため、過去取得画像から条件を再現できます。 不良解析や研究開発で多数のタスクを行う際も、確かな結果を得ることができます。

複数のオペレーターでマイクロスコープを共有して利用する場合も、全オペレーターが同じ条件で画像取得できます 取得画像から顕微鏡設定条件を確認することもできます。

対物レンズはホットプラグで自動認識され、観察倍率やキャリブレーション情報が読み取られます。 対物レンズの設定を手動で実施する必要がなく、時間や手間を省けます。

詳細を知りたい方はこちら

ライカまでご相談ください お客様のご質問やお悩みにお答えします。

お問い合わせ

ライカまでお気軽にご相談ください