お問い合わせ

STELLARIS。 共焦点 を再び創造する。

STELLARIS は、詳細を観察する Power を与えるために一から設計されています。 新しい Power HyD 検出器ファミリー、完全に最適化されたビームパス、次世代白色光レーザー(WLL)との相乗効果により、より正確で信頼性の高いデータを取得し、仮説を精確に検証できます。

新しい独自の TauSense テクノロジーを使用して、サンプルにおける新次元の情報を調査するための Potential を獲得できます。 TauSense は、実験に対する追加的な洞察を提供することで、蛍光寿命に基づいた情報に対する即座のアクセスを提供します。

STELLARIS は、新しいスマートユーザーインターフェイスの ImageCompass を使用して Productivity を向上させ、複雑な実験でも数回クリックするだけで画像を取得できます。

STELLARIS 5 のご紹介

STELLARIS 5 は、ライカ共焦点プラットフォームのまさに最高性能を提供します。 これは、共焦点顕微鏡イメージングの新基準を打ち立てる完全に再創造されたコアシステムです。 それは、ライカの知的財産である音響光学ビームスプリッター(AOBS)と新しい Power HyD S 検出器を組み合わせ、そしてWLL を搭載した唯一の共焦点システムです。 STELLARIS 5 は、新しい独自の TauSense テクノロジーを統合し、生み出される画像のクオリティと情報量に対する新基準を打ち立てます。 この完璧なイメージングのパフォーマンスは、スマートユーザーインターフェイスの ImageCompass を使用して簡単かつ直感的に実験のセットアップと取得を行うことができ、容易に達成できます。

STELLARIS 8 のご紹介

STELLARIS 8 は最先端のシステムで、STELLARIS 5 コアシステムの全ての利点に加えて、スペクトルが拡張された WLL と Power HyD ファミリーの専用検出器オプションにより、追加機能を提供します。 これにより、研究における共焦点アプリケーションの範囲を拡張することができます。 STELLARIS 8 は、高速蛍光寿命イメージング FAst Lifetime CONtrast(FALCON)、二光子励起イメージング Deep In Vivo Explorer (DIVE)、超解像 STED、ライトシート顕微鏡 Digital Light Sheet (DLS)、ラマン顕微鏡 CARS など、全てのライカマイクロシステムズのモダリティーと組み合わせることができます。 STELLARIS 8 の新機能は、これらのモダリティーの可能性を最大化し、研究のための新基準を打ち立てる Power と Potential を提供します。

マルチカラー実験に対する柔軟性の最大化

STELLARIS によって、完全なスペクトルの自由度を体験してください。 STELLARIS の次世代 WLL とライカ Power HyD 検出器ファミリーの組み合わせは、実験において適切なプローブの選択と正確な組み合わせの完全なスペクトルの自由度を提供します。 440 nm から 790 nm までの範囲で最大 8 本のレーザーラインを同時に選択できるため、他の共焦点プラットフォームよりも多くの蛍光色素の組み合わせを用いてイメージングできます。 これら全てのことがより簡単に、高い柔軟性によって単一レーザーからより多くの実験をすることができます。

単一サンプルにおいて、さらに多くのマーカーを同時にイメージングします。 STELLARIS は、最大 790 nm の赤色波長域および近赤外スペクトルで拡張スペクトル出力を持つ次世代 WLL によって最適化されています。 これにより、実験の複雑さを増すことなく、いまよりもさらに最大 3 色を追加して実験を拡張できます。

WLL の詳細情報はこちら

SiR-Actin (検出範囲 657 ~ 740 nm)、AF750-Tom20 (760 ~ 790 nm)、AF790-Tubulin (810 ~ 850 nm)で標識した CoS-7 細胞の画像。 サンプル提供:チューリッヒ大学 Jana Döhner、Urs Ziegler 両氏の寄贈。

ジェントルな生細胞イメージング

生細胞標本を用いた実験において、サンプルに影響や損傷を与えることなく、詳細な観察を行うことが重要です。 STELLARIS は、Power HyD 検出器ファミリーと WLL の組み合わせによって最適に調整された励起と検出により、生理学的条件とサンプルの完全性を維持しながら、より長期間のイメージングを可能にします。

スペクトルの緑 / 青領域における Power HyD 検出器ファミリーの高い検出効率は、最小レベルの照明光での効率的なシグナル検出により、GFP や YFP などの最も使用されている蛍光タンパク質に対して優れたイメージングを提供します。

STELLARIS を使えば、すばらしい画像を取得するためにサンプルの状態を損なうことはありません。 高分解能 3D 再構成のために長時間のシグナル検出が必要な場合や、高速で動的なイベントを捉えるために最高速のフレームレートが必要な場合、効率的なシグナル検出によって必要な実験を実行できます。また、サンプルへの光退色や光毒性を軽減することができます。

ゼブラフィッシュ尾の側線原基遊走。 膜:シアン GFP: 細胞核:マゼンタ、tdTomato 。 レゾナントスキャナー、ダイナミックシグナルエンハンスメントおよび LIGHTNING によるイメージング。 サンプル提供: Jonas Hartmann、ギルモアグループ、EMBL Heidelberg。

さらなる知見を得るための Potential

STELLARIS は、蛍光寿命に基づいた情報を使用して細胞内における分子の機能を調べることができ、あらゆるサンプルから新次元の情報を引き出し、研究における科学的なインパクトを向上させる Potential を提供することができます。

STELLARIS は、新しい独自の TauSense テクノロジーにより、わずか数回のクリックによって、蛍光色素に隠されている蛍光寿命に基づいた情報へのアクセスを可能にします。

TauSense

TauSense は、蛍光強度に依存しないコントラストのひとつである、蛍光寿命に基づいたイメージングツールのセットです。 これらのイメージングツールには、細胞内環境の分子の機能を理解し、画質を向上し、サンプルにおいて使用できるプローブ数を拡張するのに役立つ TauContrast、TauGating、TauSeparation などがあります。 Potentialはサンプルの中に存在し、研究者に発見されることを待っています。

TauSense のアプリケーションノートのダウンロードはこちら

ゼブラフィッシュ胚。 緑色: 血管、EGFP/ マゼンタ: 細胞核、Hoechst。 TauContrast を使用することで識別された血管。蛍光寿命に由来する情報により、内在性シグナルと血管のシグナルの識別を可能にしています。 サンプル提供: Julien Vermot、IGBMC、Strasbourg。
従来の共焦点
STELLARIS

シロイヌナズナの 根胚軸接合部。 TauContrast によって取得された画像。 アクチン: Lifeact-Venus(Era et al.Plant Cell Physiol., 2009)。葉緑体:自家蛍光。膜:赤色、プロピジウムヨウ化物。 サンプル提供: Melanie Krebs、COS、ハイデルベルグ大学。

新次元の情報 を調査してください

TauSense によって、サンプル中の蛍光色素の蛍光寿命に基づく情報を使用することで、研究に大きな価値を提供し、さらに上の次元へ到達することができます。

蛍光寿命は、pH やイオン濃度など、蛍光色素が置かれた微小環境によって変化する場合があります。 TauContrast は、これらの変化を使用することで、代謝情報、pH、イオン濃度などの機能情報に対する即座のアクセスを提供します。 TauContrast は、各ピクセルの平均光子到着時間とフォトンカウンティング(蛍光強度)から画像を作成します。 異なる平均到着時間が、微小環境の影響(高カルシウム/低カルシウム条件など)に基づいて画像内のコントラストを生成します。

TauSenseにより画質を改善する

サンプルのイメージング中に、目的とする蛍光シグナルとオーバーラップする可能性がある自家蛍光、色素、反射などの影響により、画像の解釈が困難または使用できなくなる場合があります。TauSense は、目的とするシグナルを維持する一方で不要なシグナルの影響を除去することで、検出効率を最大化します。

TauSense 内の TauGating ツールにより、不要なバックグラウンドシグナルを排除。 TauGating は、蛍光シグナルから異なる光子到着時間を識別するため、不特定なバックグラウンドシグナルを排除することができます。

WGA CF680 によって標識されたHeLa細胞(ライブ)。 TauGating によって除去された反射。

スペクトルを超えた多重化

TauSeparation ツールによって、蛍光スペクトルではなく蛍光寿命に基づいて蛍光種を区別できます。 その理由は、蛍光寿命情報が蛍光強度と直交し、スペクトルが重なっている色素を識別するために使用することができるためです。

TauSense は蛍光寿命に基づく情報を使用することで、多重化に対して大きな可能性を広げ、各実験で一度に使用できる検出チャンネル数を拡張します。 類似する蛍光スペクトルを持った、2 つの異なる蛍光プローブによって標識された細胞を想像してください。 従来の共焦点顕微鏡では、画像内でそれらを区別することは非常に困難または不可能です。 これらのプローブは、TauSeparation を使用することで、異なる蛍光寿命に基づいて 2 つの異なるチャンネルに割り当てることができるため、同じスペクトル検出領域に収集された光子から、 2 つの別々の画像を視覚化できます。

TauSense の詳細情報はこちら

従来の共焦点(2 つの検出器、蛍光強度による2つのチャンネル)
STELLARIS (2 つの検出器、蛍光寿命に基づいた4つのチャンネル)

NE-115 細胞における蛍光寿命に基づいたマルチカラーライブセルイメージング。 アクチン: LifeAct-mNeonGreen(左:黄色、右:赤色)。ミトコンドリア: MitoTracker Green(左:黄色、右:緑色)。細胞核: NUC Red(左:灰色、右:青色)。チューブリン: SiR-tubulin(左:灰色、右:マゼンタ)。 TauSeparation によって取得されたイメージング。 サンプル提供: Max Heydasch、ベルン大学、Spirochrome社。

さらに多くのことを実現するための Productivity

顕微鏡の限界に合わせて実験計画を妥協するのではなく、サンプルに容易に適応する共焦点システムを使うことを想像してみてください。 複雑なサンプルから数回のクリックで画像を取得し、速度と画質の間で妥協する必要がなく、実験の全体像を把握できることを想像してみてください。 STELLARIS の中核には、パワフルな技術を簡単に使用することができる、ソフトウェアコンポーネントがあります。

STELLARIS は、各実験でより多くのことを容易に実現することができるツールを提供します。

  • ImageCompass スマートユーザーインターフェイスを使用すると、実験のセットアップを完全にコントロールできます。
  • LIGHTNING 統合型情報抽出ソリューションは、超高解像度の画像をリアルタイムで取得します。
  • Navigator ツールは、サンプルの間を自由に移動して、関連する詳細情報を瞬時にかつ完全な品質で調査できます。

ImageCompass –複雑な実験でも簡単に

ソフトウェアは共焦点顕微鏡を使用する際の障害になってはいけません。ソフトウェアは作業を容易にするためにあります。 新しく開発されたスマートユーザーインターフェイスの ImageCompass は、複雑な実験のセットアップを大幅に容易にします。

ImageCompass の特徴は、蛍光色素を追加するためのドラッグ&ドロップメニューで、マルチカラー実験のセットアップをガイドします。 また、励起および検出パラメーターの最適化を自動的に実行し、最大のシグナル収量を得ることができます。

ImageCompass は、技術パラメーターを背景に移動し、実用的な情報をわかりやすい場所に残し、実験のコックピットビューを提供します。そのため、常に実験をコントロールするために必要な情報を得ることができます。

また、ユーザーは ImageCompass によって、TauSense から機能情報への直感的なアクセスと LIGHTNING による超解像画像を得られます。 ImageCompass は時間を節約し、サンプル調製に適応できるため、実験に集中し Productivity をより向上させることができます。

ImageCompass スマートユーザーインターフェイス。 マルチカラー実験のセットアップ。
EGFP-hRab-5A を発現する生細胞中の小胞の動態。 レゾナントスキャナー(50 fps)とダイナミックシグナルエンハンスメントによって取得されたイメージング。 サンプル提供: Sandra Ritz、Microscopy & Histology Core Facility、Institute of Molecular Biology gGmbH(IMB)、Mainz。 EGFP-hRAB5A は、Marino Zerial 氏の寄贈。

時間と空間のスケールを超えて高速化

LIGHTNING の検出テクノロジーは、STELLARIS に完全に統合されており、リアルタイムでの高速超解像共焦点イメージングを実現します。 LIGHTNING は、隠れた情報を抽出する適応処理を使用し、微細構造を完全に自動検出します。LIGHTNING のキーテクノロジーは、画像内に隠れた情報を引き出すための適応性の高い処理にあります。 LIGHTNING は、画像全体を同一のパラメーターで演算する従来型の演算法とは異なり、Voxel ごとに適切なパラメーターを算出することによって、最高の信頼性をもってあらゆる微細形態を明らかにします。

ユーザーは STELLARIS によって、時間分解能を維持する一方で画質を改善するために作動させることができるレゾナントスキャナーに直接アクセスできます。 ライカのレゾナントスキャナーと統合したLIGHTNING による高速処理は、記録時間内に卓越した画質を生成するために広範囲の高解像度スキャンを可能にします。

さらに、新たに実装されたダイナミック・シグナル・エンハンスメントと組み合わせてレゾナント・スキャナーを使用することで、サンプルのダイナミクスに適応して最高の画像解像度を得ることができます。

関連する詳細情報を即座に識別

LAS X Navigator は、実験における GPS のようなものです。 この強力なナビゲーションツールは、視野ごと詳細観察から、サンプルの全体像観察までをすばやく切り替えることができます。 LAS X Navigator は GPS のように常に鮮明なデータへの明確なロードマップを得ることを可能にします。 サンプルのオーバービュー画像をすばやく撮影し、重要な詳細情報を即座に識別できるようになりました。 これにより、必要に応じて画像取得プロセスを変更し、スライド、ディッシュ、マルチウェルプレート用の各テンプレートを使用することで高解像度画像取得を自動的にセットアップできます。 LAS X Navigatorを使用すると、表示領域を最大10,000倍まで拡大することができ、同時にサンプルのオーバービュー像から関心のある領域をピンポイントで特定するプロセスを合理化することができます。

複数の視野にわたるデイジーの花粉サンプルの 3D 画像。 TauContrast および LAS X Navigator によって取得されたイメージング。

可能性が広がります

生細胞からスペクトルイメージング、超高感度から超高分解能、マルチフォトンからライトシートイメージングまで、 Leica STELLARIS 8 によって、可能性を常に広げることができます。

STELLARIS 8 とライカの幅広いモダリティーを統合することで、システムにさらに機能を追加することができます。

共焦点顕微鏡プラットフォーム STELLARIS