STELLARIS 5 & STELLARIS 8 共焦点顕微鏡 製品紹介 Home Leica Microsystems

Get Closer to the Truth

共焦点顕微鏡プラットフォーム STELLARIS 5 & STELLARIS 8

STELLARIS共焦点を再び創造する。

STELLARISは、より多くのことを観察することを可能にします。Power HyD検出器、最適化されたビームパス、次世代白色光レーザー(WLL)との相乗効果を利用して、より信頼性の高いデータを取得し、仮説を精確に検証します。TauSenseを使用することで、サンプルの新しい次元を探索する可能性が得られ、ライフタイムベースの情報に瞬時にアクセスすることができます。STELLARISは、ユーザーインターフェイスImageCompassを使用し生産性を向上させ、より多くの作業が可能になります。複雑な実験でも数回クリックするだけで画像を取得できます。

ライフタイムに基づく情報による細胞システムの理解

細胞の生きた状態を捉えることで、細胞の構造、ダイナミクス、機能に対する洞察を得ることができます。STELLARISのTauSenseツールを使って、環境変化を感知し、機能情報にアクセスすることができます。

全体像から超解像の詳細まで: LAS X NavigatorとTauSTEDの出会い

LAS X Navigatorインターフェイスを使用すると、サンプル全体の概要をすばやく簡単に撮影できます。 最初の結果を直接見て、生物学的な疑問に答える鍵となりそうな興味ある視野を選ぶことができます。 このビデオでは、Navigator実験の設定から、最終的な超解像TauSTEDの結果までを解説します。

STELLARISは、より多くのことを観察することを可能にします。Power HyD検出器、最適化されたビームパス、次世代白色光レーザー(WLL)との相乗効果を利用して、より信頼性の高いデータを取得し、仮説を精確に検証します。TauSenseを使用することで、サンプルの新しい次元を探索する可能性が得られ、ライフタイムベースの情報に瞬時にアクセスすることができます。STELLARISは、ユーザーインターフェイスImageCompassを使用し生産性を向上させ、より多くの作業が可能になります。複雑な実験でも数回クリックするだけで画像を取得できます。

ImageCompassによる共焦点マルチカラー実験の迅速かつ簡単なセットアップ。STELLARIS共焦点顕微鏡は、新しいスマートユーザーインターフェイスImageCompassを使用して、画像取得のワークフローを再創造します。直感的なImageCompassは、トレーニングをほとんど必要とせず、セットアップから結果まで実験を正しく遂行できます。必要なすべてのコントロールを指先で操作できるオールインワンスクリーン。また、時間を節約し、サンプル調製に適応できるため、実験に集中できます。ImageCompassによってさらに多くのことを実現するための生産性が得られます。複雑な実験でも簡単に行うことができます。

TauSeparationを使用してスペクトル的に重なり合う蛍光色素を分離する方法

TauSeparationは多重蛍光シグナルを取得するための強力なツールです。蛍光寿命に基づいてスペクトル的に重なり合う蛍光色素を分離することができます。蛍光強度イメージの取得中に寿命寿命分布が表示され、さまざまな蛍光色素の選択が可能になります。TauSeparationはスペクトル情報を超えた多重化実験を可能にします。

LAS X Navigatorを使用して大きなサンプルを素早く処理する方法

LAS X Navigatorインターフェイスは、大きなサンプル画像を組み合わせて、さまざまなレベルの詳細を一つのビューに表示します。LAS X Navigatorを使えば、複数の別ファイルを扱うことなく、常に明確な方向性を持ってイメージング実験に臨むことができます。オーバービュー像から高解像度の詳細までシームレスにナビゲートし、サンプルに関連する詳細を見つけることができます。STELLARISのLAS X Navigatorの高い生産性により、優れた研究結果を迅速に得ることができます。