お問い合わせ
Leica M720 OH5 Surgical Microscopes Products Home Leica Leica Microsystems

外科手術用顕微鏡システム Leica M720 OH5

ライカ M720 OH5は、革新的な顕微鏡設計により従来の一般的な顕微鏡と比べてはるかにコンパクトな顕微鏡を実現しました。

新開発のバタフライ鏡筒は115°の観察角度可変に加え、接眼レンズが上下にスイング可能。

術者とアシスタントはつねに最適な観察ポジションをとることができます。

三鷹光器によって設計されたOH5の堅牢なフロアスタンドは長いリーチと電磁ブレーキが特徴で、軽量ポジショニングとしっかりとした安定性を実現しています。

Leica M720 OH5 - A New Dimension in Comfort

Key Features

作業域が拡大

作業域が拡大

ライカ M720 は、きわめてコンパクトな光学ヘッドを備えています。このため、より自然な姿勢を取りやすくなり、術者のエルゴノミクスが向上します。このほか、自由な作業域が広く、手術部位への自由なアクセスが確保されることで、装置の操作性が向上します。

ライカ バタフライ鏡筒

ライカ バタフライ鏡筒

115°の鏡筒可変と上下2段の設定可能な接眼バレル。高いフレキシビリティーにより術者とアシスタントにつねに理想的な手術姿勢を保証します。

外科用蛍光モジュール FL400(5-ALA を用いた腫瘍蛍光観察用)、FL800(ICG を用いた血管蛍光観察用)および FL560(蛍光観察用)は、直接顕微鏡の接眼レンズを通して、またはモニタ上に、リアルタイムの情報を手術室チームに提供します。より多くの視覚情報は正確な診断に役立ち、患者様により良い結果をもたらします。

患者様に配慮

BrightCare Plus および AutoIris は、作業距離とズームに合わせて自動的に照度と照野径を最適化し、患者様の熱傷の危険を低減します。