常温・凍結切片作製用 ウルトラミクロトーム<br> Leica EM UC7

常温・凍結切片作製用 ウルトラミクロトーム<br> Leica EM UC7

応用分野

材料科学向けの試料作製

試料作製を行うことは、微細な組織構造や試料表面の細部を高解像度で観察するための重要な要素です。前処理を行うための適切なワークフローとツールは、優れた品質の試料を作製することができ、処理時間を短縮し、信頼性の高い正確な結果をもたらします。

細胞培養

ラボ環境での細胞培養は、細胞生物学、がん研究、発生生物学をはじめ、ライフサイエンスに関するすべての分野、そして薬学の研究の基本です。ライカが研究室内での細胞培養をどのようにサポートしているか、こちらでご覧いただけます。

ゼブラフィッシュを用いた研究

スクリーニング、ソーティング、マニピュレーションおよびイメージングを通じて最良の結果を得るためには、細部や構造を観察して、研究の次の段階に向けて正しい判断を下す必要があります。 優れた光学系と高解像度で定評のあるライカの実体顕微鏡と透過照明スタンドは、世界中の研究者から支持されています。
Scroll to top