クライオ蛍光顕微鏡 THUNDER Imager EM Cryo CLEM

細胞構造生物学に関する深い理解

応用分野

細胞培養

ラボ環境での細胞培養は、細胞生物学、がん研究、発生生物学をはじめ、ライフサイエンスに関するすべての分野、そして薬学の研究の基本です。ライカが研究室内での細胞培養をどのようにサポートしているか、こちらでご覧いただけます。

がん研究

がんは、成長調節における欠損細胞によって引き起こされる複雑な異質性疾患です。 細胞または細胞群内の遺伝的および後成的変化が通常の機能を妨げ、自律的、非制御の細胞成長と増殖を引き起こします。

細胞生物学

ヒトの健康と病気を細胞ベースで理解することを目的として研究を行う場合、関心のある細胞の構造および分子の詳細から対象の細胞を研究することが重要です。 その結果、細胞生物学における顕微鏡はかってないほどに重要なツールとなり、構造環境内で試料を詳細に調査したり、細胞内小器官や高分子を分析したりすることができます。 細胞生物学イメージングは、さまざまな光電子相関顕微鏡を使用して行われます。…

ウイルス学

ウイルス研究のためのイメージングと試料作製ソリューション

研究におけるモデル生物

モデル生物とは、特定の生物学的プロセスを研究するために研究者が使用する生物種です。 モデル生物は、人間と似た遺伝的特徴を持ち、遺伝子学、発生生物学、神経科学などの研究分野で一般的に使用されています。 通常、モデル生物は実験環境での維持や繁殖が容易であること、生殖サイクルが短いこと、または、特定の形質や病気を研究するために突然変異体を生成する能力を持つことで選ばれます。
Scroll to top