歯科手術用顕微鏡

歯科マイクロサージャリーでは、ズームおよび照明を駆使して、解剖学的細部や微細構造をより詳細に可視化することができます。歯科用顕微鏡は、歯科的処置および歯科手術で使用される必須なツールのひとつであり、歯の構造および口腔組織の評価、保存、および維持、ならびに低侵襲手術を可能にします。

ライカ マイクロシステムズは、世界的に定評ある光学系、人間工学と操作性、および使いやすさを組み合わせた最先端の歯科手術用顕微鏡ソリューションを提供し、歯科医が存分に手技を発揮できるようサポートします。

アシストが必要な場合

Contact a local imaging specialist for expert advice on the right dental surgery microscope for your needs and budget.

歯科手術用顕微鏡の用途

歯科手術用顕微鏡は、微細な解剖学的細部と組織構造をより詳細に可視化できるため、幅広い用途で使用できます。高倍率でより詳細に見ることで、歯科医はより正確に手技を駆使し、ワークフローを適切化できます。顕微鏡歯科とも呼ばれる歯科手術用顕微鏡の最も一般的な用途のいくつかは、次のとおりです。

  • 歯内治療および外科的歯内療法
  • 歯周療法および歯周外科手術
  • インプラント療法
  • 補綴歯科および審美歯科
  • 修復歯科
  • 口腔手術
  • ルーチンの歯科技術

歯科マイクロサージャリーの課題

歯科用顕微鏡は、根管治療時など、深くて狭いキャビティ内で作業する際に十分な解像度を達成しつつ、適切な光量と被写界深度を提供する必要があります。

顕微鏡歯科治療では、象牙質壁やその他の組織の損傷を防ぐために、高倍率下で歯科用器具を適正かつ正確に操作することが不可欠です。

さらに、歯科的処置や歯科手術中の病理組織の除去時など、解剖学的細部を鮮明な色で可視化して、正しく判別できるようにすることが重要です。

自然で快適な作業姿勢を維持することは、歯科マイクロサージャリーにおけるもう 1 つの大きな課題です。人間工学が十分に考慮されていないと、長時間にわたる処置を行ったときに大きなストレスや疲労が生じる可能性があるためです。

Broken file removal is a significant challenge in dental microsurgery. Courtesy Dr. Fabio Gorni

衛生プロトコルへの対応と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のリスクの低減

歯科は、患者様との物理的な近接性が最も高いことから、新型コロナウイルスにさらされている職業のひとつです*。検査や治療にライカの歯科用顕微鏡を使用すると、以下のメリットが得られます。

  • 患者様と歯科医の間の物理的距離の確保
  • 患者様が飛散物にさらされるリスクの低減
  • 病原体を低減する抗菌効果を表面にもたらす顕微鏡コーティング
  • エタノールで、内部に配線されたケーブルや対物レンズを容易にクリーニングできます
  • ハンドルや滅菌可能なカバーなど、取り外し可能な顕微鏡部品は堅牢な材料で作られているため、定期的なオートクレーブ処理や滅菌処理において耐久性と機能性が確保されます。

ライカの歯科用顕微鏡が衛生プロトコルの遵守にどのように役立つかについては、お客様の声をお読みください。

* New York Times 発行のレポートによる

歯科用顕微鏡を使用するメリット

歯科用顕微鏡は、リスクを抑え、治癒時間を短縮しつつ、歯の構造を維持し、組織を保護することを目的に、低侵襲手術やその他の手術を行う際に歯科医をサポートします。歯科マイクロサージャリーには以下のメリットがあります:

  • 立体感と色再現性をもつ高倍率の視野により、高い精度を実現します
  • 人間工学に配慮した状態でのワークフローの効率
  • 患者様ケアの向上 – マイクロサージャリーは、患者様のリスクを減らし、回復時間を短縮し、また顕微鏡画像を使用して患者様へわかりやすく説明することができます。
  • HD 画像とビデオ録画を組み込んだトレーニングと教育の向上。
  • 画像またはビデオを患者様ファイルに転送することによるドキュメンテーションの向上。

歯科用顕微鏡を使用するメリットについては、歯内療法のスペシャリストである Dr. Fabio Gorni によるウェビナーの録画をご覧ください。 From dentistry to micro-dentistry: (歯科から顕微鏡歯科へ:)See more – optimize your dental workflow. (より詳細に観察 – 歯科ワークフローを適切化。)

The benefits of using a dental microscope in micro-endodontic surgery. Courtesy Dr. Fabio Gorni

歯科用顕微鏡を選ぶ際に考慮すべき重要なこと

歯科医のニーズに合った顕微鏡を選ぶには、歯科用顕微鏡の重要な特徴を知っておくことが役立ちます。

  • 高解像度、深い被写界深度、すぐれた色再現性を含む高い光学品質
  • パワフルで、患者性に配慮した顕微鏡照明により、深く狭いキャビティ内の作業が行えます。
  • 人間工学に配慮したデザインと調整可能なアクセサリーにより、反復動作や、長時間にわたって不自然な姿勢のまま処置を行うことによる緊張や疲労を防ぎます。
  • 歯科用顕微鏡と歯科診療環境との機能性とワークフローの統合
  • 画像表示およびビデオ表示、および患者様用ファイル、トレーニング目的およびプレゼンテーション用の録画機能を含むドキュメンテーション機能
  • 衛生プロトコル – 歯科用顕微鏡および関連する歯科手術用器具は、高い衛生基準に対応するために、クリーニングと滅菌処理が容易に行えるように設計されている必要があります。

詳細については、歯科用顕微鏡において考慮すべき重要な特徴に関する記事を参照してください。

歯科用顕微鏡にライカ顕微鏡を選ぶ理由

ライカ マイクロシステムズは、患者様がより良い結果が得られるように、処置の各ステップにわたって高いレベルの精度を達成することで歯科医をサポートできるように取り組んでおります。

当社の歯科用手術顕微鏡は、世界屈指の光学系とパワフルな照明、そして人間工学に配慮した機能を備え、歯科手術におけるワークフローを大幅に改善します。

ライカ歯科用顕微鏡 M320、M525、PROvido は、広範な歯科専門分野のニーズに対応し、長期にわたって快適に作業できるようにサポートします。

ライカ歯科用顕微鏡のメリットの詳細については、外科的歯内療法および歯内治療で歯科用顕微鏡を使用するメリットについて語る Dr. Fabio Gorni のhttps://www.leica-microsystems.com/science-lab/optimized-vision-in-endodontic-surgeries-and-procedures/ビデオを含む Learn&Share の記事をご覧ください。

Optimized Vision in Endodontic Surgeries and Procedures. Courtesy of Dr. Fabio Gorni

M320 歯科用顕微鏡:歯科医の皆様と患者様のために

広範な歯科手術用途に対応する M320 歯科用顕微鏡を用いて、詳細に観察することができます。この顕微鏡は、優れた光学品質、高倍率、明るい昼光色の LED 照明、内蔵 HD カメラ、そして人間工学的なベネフィットを備えています。 

歯内治療のスペシャリストで M320 ユーザーの Dr. Dean Raicov は、M320 歯科用顕微鏡により、日々の診療でスピーディに、首尾よく作業が行えると語っています。

歯内治療での診断および治療ツールとしての歯科用顕微鏡のメリットと有用性の詳細については Dr. Raicov のインタビュー全文をお読みください

顕微鏡歯科向けのコンパクトな M525 F20 手術用顕微鏡

卓越した光学系と正確な操作性を併せ持った M525 F20 手術用顕微鏡は、高い精度で、効率的な歯科的処置を可能にします。

  • 高性能な光学系は、鮮明な色と深い被写界深度を備えた観察像を提供し、歯科手術中に頻繁な焦点合わせが不要です。
  • スムーズで、指でも動かせるほど軽い動きで楽に操作できるため、顕微鏡を簡単に動かすことができます。
  • 電動マルチフォーカス対物レンズによる適切な作動距離と顕微鏡のコンパクトなサイズにより、207mm~470mm の作動距離を可能にし、様々な歯科的処置に対応する顕微鏡となっています。
  • パワフルで患者様に配慮した照明:180 W のキセノン照明システムは、手術中の利便性を確保します。ライカ独自の BrightCare 技術により、作動距離に連動して光量が自動調整されます。

このビデオでは、歯科的処置に M525 F20 顕微鏡を用いることのメリットについて Dr. Roberto Fornara が語ります。

PROvido 手術用顕微鏡を用いたマイクロデンティストリーでより細部を観察可能

ライカ独自の技術により、歯科的処置の際に可視化を提供し、処置全体にわたってスムーズに進行するように歯科医をサポートします。その際以下のメリットをもたらします。

  • ライカ FusionOptics テクノロジーと、300 W のキセノン照明およびスモールアングルイルミネーションを組み合わせ、狭いキャビティの奥まで十分に焦点の合った観察像が得られます
  • スマートな照明管理により、患者様に配慮し、手術時により快適に観察できます:BrightCarePlus が作動距離に応じて光量を自動調整
  • 簡単かつ直感的な顕微鏡操作:XY ジョイスティック操作により、片手での顕微鏡操作と正確な微調整が可能
  • 顕微鏡のエルゴノミクスの向上:調整可能な双眼鏡筒、最大 600 mm の大きな作動距離、すべての機能を簡単に操作可能
  • ライカ HD C100 カメラ、またはその他のカメラ用の C マウントアダプタを使用した記録プロセスの向上

サウジアラビアのリヤドにあるサファド歯科センター(Safad Dental Center)に勤務する口腔インプラント専門医兼口腔外科医の Dr. Iyad Ghoneim は、PROvido 手術用顕微鏡により、より高い精度で、人間工学的に良好に作業できるようになったと語ります。低侵襲歯科治療における手術用顕微鏡のメリットの詳細については Dr. Ghoneim とのインタビュー全文をお読みください。

歯科用顕微鏡の関連記事

詳細を知りたい方はこちら

ライカまでご相談ください お客様のご質問やお悩みにお答えします。

お問い合わせ

ライカまでお気軽にご相談ください

  • Leica Microsystems Inc.
    1700 Leider Lane
    Buffalo Grove, IL 60089 United States
    電話番号 : +1 800 248 0123
    サービス電話 : 1 800 248 0223
    FAX番号 : +1 847-236-3009

各地域ごとのコンタクト先はリストからご覧いただけます。