がん研究

がんは、成長調節における欠損細胞によって引き起こされる複雑な異質性疾患です。 細胞または細胞群内の遺伝的および後成的変化が通常の機能を妨げ、自律的、非制御の細胞成長と増殖を引き起こします。 

イメージングは、がん生物学の研究において重要なツールになりました。 高分解能イメージングは、がんの根底にある遺伝的な細胞シグナル変化の研究に不可欠な一方、生細胞イメージングは機能と病気の機構をより深く理解するために極めて重要です。 また、顕微鏡技術は様々な種類の腫瘍細胞間にある空間的関係性の研究にも不可欠です。 さらに、それらのことは、がん細胞との戦う上で免疫システムの役割を理解するために重要です。 免疫学研究では、より早期の発見のためにマルチカラーイメージングが用いられています。
 

お気軽にご連絡ください

生細胞イメージング用ソリューションの弊社のエキスパートは、喜んでお客様の装置に関するサポートをおこないます。

がんを研究するためにイメージングを使用する場合の課題

Card Icon

多くの場合、がん治療の研究では蛍光顕微鏡観察と革新的な機能アッセイを組み合わせることが必要です。 研究者は、最適な時間分解能と空間分解能により細胞移動と転移などの生細胞内の動的事象をモニタリングできます。 がん発生の核心にあるのがこのような動的プロセスです。

Card Icon

これらのプロセスを理解することは、腫瘍細胞挙動をリアルタイムで可視化する難易度の高さから困難でした。 長期間にわたる高速イメージングには、分解能低下、さらには貴重な試料の損傷といった、犠牲が伴います。 関心のあるプロセスを追跡できるように細胞の生存状態を維持する一方で、最高の分解能によって最高のデータを提供するイメージング技術とシステムを見つけることが重要です。

疾患の機構を理解するための多重化

共焦点またはWidefield顕微鏡による多色蛍光イメージングは、免疫抑制や血管形成などの複雑な生物学的現象を研究する場合に複数のバイオマーカーの空間状況、共局在性、近接性を理解するために欠かせないツールです。 多くの場合、この目標は、「多重化」アプローチによって正確に判別できる蛍光標識の数に限りがあるため、困難になる可能性があります。 幸いなことに、蛍光色素の分離を改善し(例えば、FluoSync - 1回の露光で同時に多重蛍光イメージングを行う合理的なアプローチ)、実験に必要な蛍光プローブの数を増やす革新的なイメージングシステムとストラテジーが存在します。

Cancer Research Products

Filter by Area of Application
Imaging Microhub Mica

Mica

Mica 発見を可能にするための必要なすべてがひとつの使いやすいシステムに統合 同時 4 色広視野、共焦点分解能、人工知能サポート分析

マルチプレックスイメージングソリューションCell DIVE

Cell DIVE

空間的バイオマーカーマッピングを可能にするマルチプレックスイメージング技術

Scientific CMOS カメラ K8

K8

Scientific CMOS カメラ - ライフサイエンス用画像解析

STELLARIS 共焦点顕微鏡プラットフォーム

STELLARIS 5 & STELLARIS 8

ライカは STELLARIS 共焦点プラットフォームによって、より真実へと近づくために共焦点顕微鏡を再び創造しなおしました。

THUNDER Imager EM Cryo CLEM

THUNDER EM Cryo CLEMは、専用のクライオ蛍光顕微鏡システムです。最適なクライオ条件を維持することで、実験全体にわたってスムーズでコンタミのない試料の取扱いを可能にします。高解像度?

THUNDER Imager Tissue

THUNDER 組織標本

THUNDER 組織標本では、神経科学や組織学研究でよく用いられる組織切片の三次元の蛍光像をリアルタイムに取得することができます。

STELLARIS 8 CRS

コヒーレントラマン散乱顕微鏡による無標識の化学イメージング

適切なツールを見つける

がんは複雑なため、時空間的な解決、生体試料、単一細胞イメージングを含む、無数の手法が必要です。 がんに関する細胞プロセスのさらなる洞察は、可能な限り高い分解能と多パラメータ画像分析により得られる可能性があります。 蛍光共焦点顕微鏡などの手法は、組織内や細胞構造内の複数の対象を研究することを可能にします。

超分解能や、最新の寿命イメージングやライトシートなどの高度なイメージング技術は、発がんの最初の過程、進行、治療に対する反応の背景にある分子間相互作用と制御機構の理解をもたらします。

レーザーマイクロダイセクション、光-電子相関顕微鏡法(CLEM)は、膜内の空間受容体配列と細胞核内のゲノム構成の研究を可能にします。

関連ツール

Multiplex Imaging Reveals Survival Markers after Cancer Care

Colorectal cancer is a high incidence and high mortality cancer. Currently, postoperative chemotherapy benefits only a minority of patients, and thus, new tools are necessary to screen patients and identify those at increased risk. Tissue samples from hundreds of patients were analyzed using Cell DIVE’s multiplex imaging to reveal the fine cellular determinants of survival following cancer treatment. 

Read More

Tumor MHC Expression and Intralesional IL2 Response in Melanoma

Genomics profiling and Cell DIVE multiplex imaging allows researchers to understand the immune cell phenotypes that most strongly predict response to IL2 immunotherapy in melanoma patients suffering metastasis.

Read More

Hyperplex Cancer Tissue Analysis at Single Cell Level with Cell DIVE

The ability to study how lymphoma cell heterogeneity is influenced by the cells’ response to their microenvironment, especially at the mutational, transcriptomic, and protein levels. Protein expression studies offer the most relevant information about the nature of cellular interactions and protein expression levels. A hyperplexed workflow can be applied for studying multiple proteins from the same cancer tissue.

Read More

詳細を知りたい方はこちら

ライカまでご相談ください お客様のご質問やお悩みにお答えします。

お問い合わせ

ライカまでお気軽にご相談ください