LAS X Life Science 顕微鏡アプリ 製品紹介 Home Leica Microsystems

ワンプラットフォーム

ライフサイエンスアプリケーション用ソフトウェアプラットフォーム LAS X Life Science

応用分野

  • [Translate to japanese:]

    生細胞イメージング

    視点を単体の顕微鏡コンポーネントから必要なすべての機能を備えた生細胞イメージングソリューションへと移し、ライカ マイクロシステムズは顕微鏡、LAS X イメージングソフトウェア、カメラおよび専用サードパーティコンポーネントを 1 つの完全な生細胞イメージングシステムに統合します。
    Read article
  • ライカのフォトマニプレーション

    光子操作

    光子操作という用語は、事象を引き起こし、長時間にわたり生細胞におけるダイナミックで複雑な挙動を観察するため蛍光分子の性質を利用するための広範な技術を指すものです。ブリーチングであろうと活性化であろうと、変換、アブレーションあるいは結合技術であろうと、研究者は高解像度で事象を実現させ観察するに充分なシステムを必要とします。
    Read article
  • オルガノイドと3D細胞培養

    ライフサイエンス研究で近年最も目覚ましい発展の一つは、オルガノイド、スフェロイド、生体機能チップモデルなどの3D細胞培養システムの開発です。 3D細胞培養は、細胞が成長し、全3次元で周囲と相互作用できる人工環境です。 これらの条件は、生体内条件に似ています。
    Read article