生細胞イメージング

様々な蛍光タンパク質や多色プローブの開発により、今やほぼあらゆる分子を標識化することが可能になりました。 小胞、細胞小器官、細胞、組織におけるタンパク質の動態を可視化する機能は、健常状態と病態における細胞の機能方法に関する新たな洞察を提供します。 これらの洞察には有糸分裂、胚発生、細胞骨格の変化などのプロセスに関する時空間的な動態が含まれます。

生細胞を研究する場合の一般的な課題として、光毒性や光損傷が含まれます。 急速な生物学的プロセスを捉えるためには、細胞を健康に保ち、アーティファクトのない信頼できるデータのためにクリアな画像を取得することが極めて重要です。 生細胞を用いた顕微鏡観察には、画質と細胞の健康状態の間で妥協せざるを得ない場合がよくあります。 イメージング中は、細胞に変化が生じるのを避けるために一定の環境条件を保たなければなりません。

多様な高性能ライカイメージングソリューションは、生細胞イメージングのこれらの課題を克服することで、細胞生理機能と動態に関する新情報の発見を可能にします。

お気軽にご連絡ください

生細胞イメージング用ソリューションの弊社のエキスパートは、喜んでお客様の装置に関するサポートをおこないます。

イメージング中の細胞生存能力&動態

ライカマイクロシステムズは、生細胞イメージングにインテリジェントなイノベーションを提供します。 ライカのソリューションは、サンプルを保護しながら、最高品質の画像を取得することを実現します。

ほとんどの細胞プロセスは、時間をかけて3次元で発生します。 このため、全体像を捉えるには細胞を4次元(XYZと時間)で撮影する必要があります。 タイムラプスイメージングが、秒単位から月単位の時間スケールで細胞事象を捉えるために使用されています。 また、特定ポイント時間における細胞の連続イメージングも可能です。 このプロセス中に細胞生存能力を保護するため、生細胞イメージングでは温度、pH、湿度の管理が必要です。 また、光毒性を防ぐために露光量を最小限に抑える必要があります。

ライカマイクロシステムズは、さらに長期間にわたる生細胞の研究の最適化を支援するイメージングソリューションを提供しています。 それらは動的事象の分析を容易にするために必要な画像コントラストと分解能を提供します。 さらに、高速イメージングが可能なシステムを用いることで、重要な細胞事象を見逃すことがありません。
 

生細胞イメージングのニーズ

適切な生細胞イメージング実験を実施するには、適切なプラットフォームを使用することが不可欠です。 生細胞イメージング用の光学顕微鏡を選ぶ際は、以下の3つを考慮する必要があります:検出器感度(シグナル対ノイズ比)、試料の生存能力、画像取得速度。

生細胞用途に適した手法により、結果に影響を与える可能性がある細胞損傷を引き起こすことなく、動態の観察を可能にします。

生細胞イメージングは、主に蛍光顕微鏡で実施されます。 通常、長期間にわたる細胞動態と発生を観察するには、柔軟な励起と高速取得を可能にするワイドフィールド顕微鏡が使用されます。 共焦点顕微鏡は細胞以下サイズにおける動的イベントの研究に用いられます。 多光子顕微鏡はより長波長での励起光を用いることにより、光退色を軽減し、細胞生存能力を延長するを可能にします。 蛍光寿命イメージング(FLIM)は、細胞内の高速で動的なシグナル伝達を研究するために応用できます。

ライカマイクロシステムズは、THUNDER イメージャー、STELLARIS 共焦点プラットフォーム、FLIMによって、3D生体細胞イメージングのためのワードフィールドおよび、共焦点イメージング技術における革新的技術を提供します。

Live cell imaging Products

Filter by Area of Application
STELLARIS 共焦点顕微鏡プラットフォーム

STELLARIS

ライカは STELLARIS 共焦点プラットフォームによって、より真実へと近づくために共焦点顕微鏡を再び創造しなおしました。

THUNDER モデル生物

THUNDER モデル生物を用いると、発生生物学・分子生物学研究を目的に、素早く簡単に 3D 観察することができます。

THUNDER Imager 3D Cell Culture

THUNDER 3D 生細胞および 3D 培養細胞

THUNDER は幹細胞、スフェロイド、オルガノイドなど、高度な 3 次元培養アッセイのためのソリューションです。

THUNDER 組織標本

THUNDER 組織標本では、神経科学や組織学研究でよく用いられる組織切片の三次元の蛍光像をリアルタイムに取得することができます。

デジタルライトシート顕微鏡 STELLARIS DLS

STELLARIS DLS

共焦点とライトシート顕微鏡のコンビネーションで新しいアプリケーションを発見

ライフサイエンス用ソフトウェアプラットフォーム

LAS X Life Science

ライフサイエンス画像解析用プラットフォーム LAS X ソフトウェア

猫の目の組織切片。 スペクトル(グレー)と FLIM(カラー)共焦点イメージング(同時取得)が、寿命によるコントラストを明らかにします。 STELLARIS 8 FALCON と LAS X ソフトウェアを使用した取得、可視化。

STELLARIS 8 FALCON

クリアなコントラスト 蛍光寿命イメージングを素早く入手

Infinity TIRF

マルチカラーアドバンスド TIRF モジュール

詳細を知りたい方はこちら

ライカまでご相談ください お客様のご質問やお悩みにお答えします。

お問い合わせ

ライカまでお気軽にご相談ください

  • Leica Microsystems Inc.
    1700 Leider Lane
    Buffalo Grove, IL 60089 United States
    電話番号 : +1 800 248 0123
    サービス電話 : 1 800 248 0223
    FAX番号 : +1 847-236-3009

各地域ごとのコンタクト先はリストからご覧いただけます。